AGAって病院にいく?

AGAって何だろう?って思っても、症状を聞いてみると、あ!自分もAGAかもしれないなんて不安になる人もいるのではないかと思います。

AGAというのは、男性ホルモンの影響による薄毛の症状のことをいいます。

髪が柔くなって、抜け毛が多いと感じている人はもしかしたらAGAの可能性があります。

男性型脱毛症ともいわれていて、男性ホルモンが急に増える思春期あたりから成人までの男性に多く見られます。

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で、額の生え際、頭頂部の一方、もしくは両方から薄くなって進行して行きます。

AGAになると、通常の髪のヘアサイクルが狂ってしまいます。

通常ですと、髪はまずは生え始め、数ヶ月から一年程度成長期に入り、更に中期に入り、二年から六年かけて毛球が太くなりしっかりした毛に成長します。

しっかりした髪の毛球の退縮が始まり退行期→休止期、やがて脱毛となります。

AGAの場合、成長期から中期、後期にかけての成長期間がなくなり、生え始めの髪の状態で抜け落ちるというサイクルになってしまうため、髪全体がほわほわとした毛で薄く見えてしまいます。

AGAは進行型なので、そのまま放置しておくと髪はどんどん薄くなって行ってしまうので、できれば専門の病院での治療をお勧めします。

AGAの病院での治療は毛髪を増やしたい、現状を維持したい、今残っている髪を発育させたいという目的によって治療方法が異なります。

AGAの進行を止めるには病院での治療が有効的ですが、病院に行く場合は、どんな治療が受けられるかを事前に調べておくといいでしょう。